« 親父ギャグ | トップページ | 野ブタ。をプロデュース第9話 »

2005年12月 7日 (水)

FNS歌謡祭

びっくりしました。
何がびっくりしたかって楠田枝里子がFNS歌謡祭の司会を降板していたこと。
黒木瞳に変わってました。なぜ?

冬の風物詩ともなりつつあったFNS歌謡祭での楠田枝里子だったのに・・・。
草なぎ君の司会も違和感があった。川端アナは補佐として残っていたけど。
やっぱりFNS歌謡祭といえば楠田&川端コンビだと思うのは私だけ?(byだいた)

今楠田枝里子のオフィシャルサイトを見て楠田は「くすだ」ではなく「くすた」だと始めて知った。これもびっくり。

|

« 親父ギャグ | トップページ | 野ブタ。をプロデュース第9話 »

コメント

私にとってはFNS歌謡祭というと、20年も過ぎているんですが、それより前の芳村真理&露木茂コンビがやっぱ最強だったかなあ、という気がします。何しろ百戦錬磨のプロのようなお二人だけあって進行もかなり早く、どんどん曲の紹介・受賞者の紹介・決定などを「芳村=メイン、露木=サブ」の形式で仕切っていました。

投稿: blue | 2005年12月10日 (土) 05時56分

コメントありがとうございます。

芳村&露木コンビの時代はあんまり記憶ないですねえ。すいません。
でも芳村真理~楠田枝里子のラインからいきなり黒木瞳はギャップがありますね

投稿: マリン | 2005年12月10日 (土) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149432/7514192

この記事へのトラックバック一覧です: FNS歌謡祭:

« 親父ギャグ | トップページ | 野ブタ。をプロデュース第9話 »