« NHK記者の犯罪 | トップページ | アルベルト・フジモリ氏 »

2005年11月 7日 (月)

山手線ストップ

今日山手線が架線故障で5時間以上ストップした。
今、私は大阪が職場なので関係ないが、去年まで東京で働いていたので、5時間山手線が止まると大変なことになるというのはよく分かる。実際14万人の足に影響があったらしい。

事故原因は架線のたるみ。
架線をピンとはっておくためのおもりを支える鉄柱が折れたそうだ。
架線を張るのにおもりを使うんだ・・。意外と簡単な細工なんだなあ。

月曜日の東証システムダウン、今日の山手線ストップといいシステム・インフラの障害が続く。次は発電所あたりが危ないかな・・・。

|

« NHK記者の犯罪 | トップページ | アルベルト・フジモリ氏 »

コメント

JR東日本は、整備不良としか考えられない信号故障・車両故障が多過ぎます。
発電所が危ないとの御指摘だが、変電所故障は既に発生されてます。
9月25日は外房線の変電所で火災が発生し、電車が動けなくなり2時間も閉じ込められました。
運転再開後も、変電所の能力が回復しないため、数日間にわたり間引き運転を強いられました。

投稿: くもすけ | 2005年11月19日 (土) 19時08分

なるほど、変電所火災は9月に発生していたんですね。知りませんでした。
鉄道は多くの人の生活に深く関わっているので、できる限りトラブルは避けて欲しいものです。

投稿: マリン | 2005年11月20日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149432/6954607

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線ストップ:

« NHK記者の犯罪 | トップページ | アルベルト・フジモリ氏 »