« 「犬はどこだ」(米澤穂信) | トップページ | 交通機関 »

2005年11月 2日 (水)

ネットバンキング

千葉銀行のネットバンキングを利用している法人に対して
千葉銀行の名前でCD-ROMが送られてきて
それをパソコンにインストールすると自動で大金が振り込みされるという被害が出ている

新手の犯罪。パソコンに対する「振り込め詐欺」とも言える。
犯人は頭がいいなあと思う。
会社のPCにソフトをインストールするということは
ある程度の権限を持っているアカウントでないと行えない。
またインストール作業中にネットバンキングのログオンも行うだろう。
こうなったらあとはやりたい放題。

被害者自身がCDを入れてしまうあたり、まさに「トロイの木馬」タイプ。
ネットバンキングやネット決済が多い昨今。
きっとこの手の犯罪は増加するだろう。

こういう犯罪が出てくると
顧客のPCにプログラムをインストールするタイプのサービスは
今後なくしていく方向になるんだろうな。

今、私のPCで考えてみると・・・JRAの馬券投票ソフトくらいかな。
無断で知らない馬券に投票されたりして・・・。
まあ自分で考えて投票しても当たらないから同じか。

|

« 「犬はどこだ」(米澤穂信) | トップページ | 交通機関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149432/6863937

この記事へのトラックバック一覧です: ネットバンキング:

» 地銀で相次ぐ偽CD−ROM被害 [社長の本音日記]
地方銀行の法人向けインターネットバンキングサービスを狙った偽CD−ROMを使った犯罪が相次いでいます。 日本経済新聞「偽装CD―ROM導入で不正振込・千葉銀の顧客が被害」 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051102AT1G0102H01112005.html 朝日新聞「....... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 21時20分

« 「犬はどこだ」(米澤穂信) | トップページ | 交通機関 »